zacky's blog

ハロープロジェクト中心の現場記録です。

「続・11人いる!東の地平・西の永遠」京都公演・感想(完結編)

京都劇場で行われた、モーニング娘。主演のミュージカル「続・11人いる!東の地平・西の永遠」の感想ブログ。長々と書いてきましたが今回で完結(予定)です!

 

前々回と前回の記事はこちら。

zaki-zaki-zacky.hatenablog.com

 

zaki-zaki-zacky.hatenablog.com

 

前回はメンバー毎に感想を書いていたので、その続きから。

※ネタバレ注意。

 

 

野中美希

Eでのチュチュ役が良かった!12期の中では一番上手いと思います。台詞回しも中々だし結構歌えてるんですよね。兄の敵を討つため揺れ動く感情を、野中ちゃんの独特な声が味があってよく表現されています。力強さと悲しさの共存といった感じです。

 

牧野真莉愛

Eのでのオナが美しい。スタイルと姿勢が良いので舞台ではとても映えます。台詞でちょっと噛んだところもあったけど今後に期待ですね。歌もちょっと外しかけますが踏ん張っています。Wのチュチュは野中ちゃんよりも妹感と健気さが前面に出てきます。

 

生田衣梨奈

Eでのレッドがとにかく格好いい!美形なので男役がはまるし、とにかく殺陣が素早くて片手での側転があっと言わせます。台詞が早口になりがちですがルックス勝ち。タカラジェンヌに一番近いのはこの子かもしれません(笑)

 

飯窪春奈

Eでのアテナイが美しいですね。真莉愛ちゃんと一緒でスタイルが映えます。普段の歌があれですが、意外と演技がいけてます。Wではローンや総議長と複数の役があるのでそこの演じ分けができれば面白いです。

 

尾形春水

演技は上手いという分けではないですがWでのトマノがはまっていました。酔っ払いの役で細かい動きなどコミカルで見てて楽しいです。2日目W後の挨拶で「関西弁を封印している」と言ってましたが関西のイントネーションがちょっと出ていました(笑)

 

羽賀朱音

どちらも男役でしたが低い声がしっかりと出ていました。役柄的にあまり見せ場がなかったので今後に期待ですね。

 

ハロプロ研修生では高瀬くるみちゃんの台詞回しが上手でした。岸本ゆめのちゃんもWでレッドという良い役をもらってるので注目です。

 

個人の感想はこんなところで…

 

歌も結構良かったです。メインテーマの「東の地平・西の永遠」が壮大、バセスカ王の歌、フォース・バセスカのシーンの歌が好きですね。

ちなみに会場でサントラCDも買ったんですが3曲しか入ってない…円盤の販売待ちです。

 

やはりWキャストということで見比べると面白いです。どちらも見ることをお勧めします(笑)個人的には甲乙つけがたいんですが僅差でだーどぅーさくフクが主要のE公演が好きですね。でもWのさくらフロルもまーバセスカも好きなので本当にどっちも良いです。

 

いつものコンサートとは違いゆっくりと魅せて聴かせて訴える舞台、本当に見に行って良かったです。膝に爆弾を抱えている方にもおススメです(笑)

 

こんなところで感想を終わります。

「続・11人いる!東の地平・西の永遠」京都公演・感想(続編)

モーニング娘。主演の舞台「続・11人いる!東の地平・西の永遠」(京都劇場)について前回書ききれなかったことも含めて書いていこうと思います。

 

前回の記事はこちら

zaki-zaki-zacky.hatenablog.com

まず、観劇した座席なんですがEast公演は1階の最後列中央、West公演は1階の真ん中辺りの最下手でした。最後列は何とか誰であるかを認識できる程度、中央だと何となく表情がわかるかなという感じでした。縦に長い劇場なので結構距離を感じるかもしれません。

 

前回の記事で言及できなかったメンバーもいるので、メンバー毎に感想をまとめてみます。(East=E  West=W)

 

素人目線ですがご容赦ください。※ネタバレ注意

 

工藤遥

 Eでのフロルは中性的な役をよく表現出来ていました。相手役を振り回すわがまま具合が上手い。男役の石田と並ぶと背が大きいのがネックかも。

Wでのタダはルックス・声ともにぴったり。叫ぶといつものハルちゃんになってしまうかなという部分もあります。歌はこっちの方が安定してたかな。

 

石田亜佑美

Eでのタダは声が良い。工藤のタダとは違って、誠実さや落着きが感じられます。横に座っているフロルの肩を抱き寄せるシーンがあるんですが、一回手を上に挙げてどうしようかと思いとどまってから抱きにいっていて工藤タダとは違った解釈をしているのかなと面白いです。

Wでのフォースも落ち着いていますね。でも小田フォースが凄すぎて…笑。あゆみんをみるならEが良いでしょう。

 

小田さくら

この子は何なんでしょう…。歌唱力に表現力…。この舞台で一番の見どころだと思うのが、Eでの小田フォースと譜久村バセスカが対峙するシーンです。友を殺さねばならない葛藤、悲しさ、緊迫感、自ら命を絶つに至る心情…複雑な感情が見事に伝わってきます。終演後のコメントで「寂しかったー」と言ってましたが本当に役に入り込んでいました。

Wのフロルは中性的な役ですが小田ちゃんの色気で、ツンデレな女の子になっていました。フォースとは違った可愛さが出ている演技が出来ていてこの子は恐ろしいです。

 

 

譜久村聖

Eでのバセスカ、王としてのリーダーシップや迷いなど今の彼女を体現しているのではないでしょうか。前述の小田ちゃんとのシーン、フォースの死への後悔、無力感、緊迫したシーンから感情があふれ出すところなどお見事でした。

Wでのオナは美しさの中に色気があって、包み込むような魅力がありました。周りの男性役よりもガタイが良いのはご愛嬌…。

 

佐藤優樹

Eのトマノのコミカルさと、Wのバセスカの力強さ、この子も変幻自在ですね。演技が苦手って嘘でしょ(笑)。まーちゃんバセスカは聖ちゃんとは違って激しく突き進む感じ、勢いを感じました。喉が引っ掛かる感じ、調子が悪かったのは残念でした。次回までにゆっくり治して欲しいです。

 

 

ちょっと長くなってきたので次回に続きます(笑)

「続・11人いる!東の地平・西の永遠」京都公演・感想

前回の更新から武道館での鈴木香音卒業スペシャルやZepp Nambaでのハロプロ研修生発表会やらの記事をあげていないのですが、予想以上に良かったモーニング娘。が主演の舞台の感想を記憶のある内に…

 

演劇女子部「続・11人いる!東の地平・西の永遠」京都劇場

East公演とWest公演のWキャストで行われた中、6/11の初日の初回のEast公演と6/12京都での最終West公演を観劇しました。

 

以下ネタバレ注意です。

 

原作の漫画を全く知らなかったのですが、開演の10分程前に演劇女子部の石井杏奈ちゃんと研修生の高瀬くるみちゃんの前説が有り、パンフレットに人物相関図が載っていたのでしっかりストーリーに入ることが出来ました。

 

工藤遥ちゃんと石田亜佑美ちゃんが主演のEast公演の感想から。どぅーは雌雄同体という中性的な役だったんですがハスキー声と可愛いルックスのギャップがぴったりでした。あゆみんは完全な男役でしたが少し大げさな部分もありましたが低い声もしっかりと響いて良く演じれてたという印象です。

ミュージカルなので歌がネックかなと思っていたんですがどぅーも結構安定してましたし、あゆみんも少し気になるところもあったりしましたが舞台を重ねれば良くなるだろうと感じました。

 

East公演で個人的に一番だったのが譜久村聖ちゃんと小田さくらちゃんが対峙するシーン。小田ちゃん演じるフォースが母国の為に、友であるバセスカ(フクちゃん)を殺さなければならない、2人の歌唱力に圧倒されて緊迫感も伝わってきてかなり痺れました。

 

他にも生田の片手での側転?を取り入れた殺陣のシーン。登場したときからイケメンオーラを放っていて素早い動きで敵を圧倒、格好良い見せ場でした。

 

あと意外に野中ちゃんがいけてました。全部平均かそれ以上といった感じ、12期の中では一番ミュージカルに向いてると思います。

 

元宝塚の汐月しゅうさんと未沙のえるさんは勿論すごくて圧倒的って感じだったんですが小田ちゃんやフクちゃんが何とか食らいついていました。メインの娘。キャストと歌う場面があまりなかったので不自然さとか浮いてるって感じはなかったですね。

個人的に宝塚は劇場に見に行ったことがある程度に好きなので興奮しました(笑)

 

あと飯窪さんとまりあちゃんがすらっとしていて綺麗でした。スタイルが良いと本当に舞台で映えますね。まーちゃんのコミカルな演技も良かったです。

 

終演後の挨拶では出演者の中から一人が挨拶。小田ちゃんが涙を見せながら話してたんですが、ツアーもあって限られた練習時間の中でプレッシャーもあったと思います、でも素晴らしい舞台をやりきって達成感があったんじゃないでしょうか。どぅーから「まだ千秋楽じゃないよ」との声が飛んできていました(笑)

 

West公演はどぅーと小田ちゃんが主演、どぅーは少年役がはまっていました。例えるならば女の声優がやる少年といった感じでした。小田ちゃんは中性的な役ですがどぅーがやるよりかなり女の子ですね。

 

Westで目立ったのは佐藤優樹ちゃんです。普段からは考えられないようにしっかりと王の役に入り込んでいて驚きました。Eastでは王の兄の酔っ払いという正反対な役でしたがここまで変わるものなんですね。喉の調子がちょっと悪そうで心配ですが、次回までに治して欲しいです。

 

フクちゃんは哀しげな女性の役、ドレスを着て舞い踊り美しいです。ただガタイが良いので他の男性役と比べるとちょっと気になりました(笑)

 

まりあちゃんも台詞を噛んだりなどはありましたが思ったより歌えてました。コンサートでの踊りながらよりは歌いやすいでしょうね。

 

トータルするとWキャストでの違いも出せていて完成度もなかなかでとても満足できる舞台でした!

良い素材がいっぱいいるのに握手漬けにされているのはかわいそうというか何というか…。もっとボイトレ等して卒業してもドンドン舞台に立てる環境になれば良いなと思いました。

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~ 5/22 昼公演

モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~  5/22 昼公演

 

先日、NHK大阪ホールで行われた、娘。のツアーに行ってきました。このツアーでは4/3の夜公演以来の2回目の参戦。

 

オープニングアクトはつばきファクトリーで「青春まんまんなか」。ハロコン・研修生発表会・ひなフェスと、ちょくちょく見てきてはいるけど美人だけど地味という印象。岸本ちゃんがしっかりした顔付と筋骨隆々とした身体つきで目を引きます。前に段原ちゃんと一岡さんとやってた「地球からの三重奏」がよかったです。

 

コンサートは定番の「One・Two・Three」から始まり、駆け抜けるように紹介ビデオまで。ミスムンの最初のセリフはだーいし、男役は生田工藤牧野。ルックスはみんなはまってるけど歌がうーんという感じ、美形顔のまーちゃんにやらせたら面白いかなと思ってみたりもします。

 

MCでは鈴木香音の卒業までにやってみたいことということで鈴木・工藤・小田・羽賀でエチュードを。ズッキが男の子(工藤)河原で告白されるというシーンで、何故か 川の主(小田)が目覚めて襲ってくる。羽賀朱音(羽賀)が立ち向かうも攻撃が流れて工藤に当たってしまう。倒れる工藤をズッキが抱きかかえて、「これがお前らのやりかたかー!」かなり受けてました。この人材をなくすのは惜しいです。

 

全体を通しては歌は小田・譜久村がメインで佐藤・石田・鈴木・工藤・その他って感じですかね。前よりはマシでしょうが、特に飯窪尾形は頑張れ!あとは「The Vision」でだーいしが大の字ジャンプして後ろにはけていく振りがたまらなく面白いです(笑)あの小柄で短い手足でジャンプしているところを見ると微笑ましいというか笑えてきてしまいます。

 

次回は武道館、13期はお披露目になるでしょうか?ズッキの卒業ライブは如何に?

 

 

こぶしファクトリー ライブツアー2016春 京都FANJ

先日、5月15日に京都のこぶしファクトリーのツアーに行ってきました。

会場は京都FANJ、地下鉄国際会館駅から徒歩8分。京都市内とはいえ周りは山、開場30分前に着いたのですが、近くのローソンやセブンイレブンにヲタの皆さんが溜まっていました。とにかく会場周辺で食事や暇つぶしはあまり出来そうにはないです。

 

1部のみに参加、整理番号は390番代、会場は小さい体育館といった感じ。オールスタンディングでキャパは600はあるそうなんですが入った時点で満員電車のようにギュウギュウ、どうにか会場の真ん中最後方に収まりました。

 

ステージ左右に一つずつお立ち台?があったのでそこに立ったメンバーは上半身まで見ることが出来ましたが、あとはかろうじて顔が見える程度…。

 

ライブはこぶし曲も盛り上がりますが、ライバルや一丁目ロックなどのBerryz曲をやってくれるのが有り難いですね。

抽選で当たった観客のグッズにサインが貰えるコーナーは個人的にはいらないです。

普通にトークが聞きたい!

 

最後は全員握手でお見送り。高速握手でしたが藤丼はフクムラロックをかましてくるし、たぐっちは小さいし、れなこはぷにっとしてるしみんな可愛いです(笑)

 

私はライブ後の握手はいらないからもう一曲だけ多くやってくれ派なんですが、握手も悪くはないかもと思わされました。

しかし、この会場はキャパ的にきつい、次回は心斎橋のBIGCATとかもっと大きめの会場でお願いします。

私について

さて、ブログを始めるにあたって自己紹介をしたいと思います。
関西在住の学生、趣味は主にアイドル、旅行、野球など。
このブログにはアイドル現場とそれに伴う旅行(遠征)を中心に、備忘録も兼ねて書いていきます。


アイドルについて
私、アイドルを好きになりそこそこになりますが節操がないと言いますか、色々なアイドルを見てきました。

始まりは、モーニング娘。
モーニング娘。の全盛期、小学生の私は当たり前のように娘。のファンに。

Berryz工房
当時、放送していた深夜のバラエティー番組、「ジャイケル・マクソン」のコーナーで岩尾さんが告白の噴水広場を再現したことをきっかけにファンに。

AKB48
スカート、ひらりで軽くはまる。大島麻衣の卒業で興味はSKE48へ。

SKE48
松井玲奈推しのはずが、いつの間にか阿比留李帆ヲタに。研究生・K2を中心に通うも、劇場改装及び2013年の大量卒業に萎えてしまい徐々にフェードアウト。

NMB48
地元ということで初期にはよく劇場に行くも、何か違うなと思い1年程度でフェードアウト。

ももいろクローバー
SKE48高井つき奈が所属していたグループということで興味を持つ。推しの早見あかりの卒業に伴いオサラバ。

LinQ
ひょんなことからデビューすぐに見る機会があり、一時は福岡に通い詰めることも。こちらも何となくでフェードアウト。

他にも地下アイドルなど数々の現場に行っていましたが、現在はモーニング娘。を中心としたハロヲタとして落ち着いています。
本当にハロプロで落ち着きたい!ということで、ここがハロプロの記事で埋まるように書いていきたいと思います。